<<Dotメニューへ>>


タクティクスオウガのクウォーターヴューのユニットを

アメコミヒーローにアレンジ

MARVEL

DC

その他

「WATCHMEN-ウォッチメン-」公開記念!

コメディアン
The Comedian

ロールシャッハ
Rorschach

2代目ナイトオウル
Nite Owl II

Dr.マンハッタン
Doctor Manhattan

オジマンディアス
Ozymandias

本名:エドワード・モーガン・ブレイク

葉巻をくわえた粗暴な男。
若くからミニッツメンに加入し、その後、政府がヒーロー禁止条例を制定した後も、政府公認のヒーローとして歴史の闇の中で数々の汚れ仕事をこなしていた。かつてミニッツメンの同僚である初代シルクスペクター(サリー)をレイプしようとした事があり、サリーの娘のローリーから憎まれている。

彼が殺されるところから「WATCHMEN」の物語は始まる。

 

本名:ウォルター・ジョゼフ・コバックス

トレンチコートにソフト帽をかぶり、常に黒い模様が流動するマスクをかぶっている。

過去には二代目ナイトオウルと共に活動していたが、ある事件をきっかけに人間に絶望し、政府のヒーロー禁止法を無視し狂気の自警活動を孤独に続けている。
日中は全く別の姿で過ごしている。

 

本名:ダニエル・ドライバーグ

初代の引退とともに名前を譲り受けデビューする。

父の遺産で、フクロウをモチーフにした高機能な飛行船やスーツなどの各種装備を発明した。
中年太りですこしお腹が出ている。

ヒーロー禁止法で活動を止めていたが、あるきっかけで再びフクロウスーツを身にまとった。

彼の寒冷地用コート姿は可愛い。

本名:ジョナサン・オスターマン

元は核実験施設の研究員だったが、不慮の事故で実験チェンバー内に閉じ込められ、原始レベルで分解され消滅した。
しかしその後、自力で人体を再構築し復活した奇跡の超人。

自らの体を複数に分裂させたり、火星までテレポートしたりと、「WATCHMEN」の世界では他の人物達とは一線を画す、まさに超人。

米国は彼の活躍によりベトナム戦争に勝利し、ソ連との冷戦でも優位に立っていた。

本名:エイドリアン・ヴェイト

世界一賢い男と呼ばれる。数々の事業を成功させ大企業の若き社長となる。
頭脳だけでなく身体能力も卓越している。

南極圏にドーム状の基地を持ち、ある秘密の計画を進めていた。

 

 

↓「X-MEN3」劇場版↓

ウルヴァリン

ストーム

ジーン(フェニックス)

サイクロプス

エンジェル

ビースト

コロッサス

キティ

サイクロプス

Cyclops

マーヴルガール/フェニックス

Marvel girl / Phoenix

エンジェル/アークエンジェル

Angel / Arch Angel

ビースト

Beast

アイスマン

Iceman

本名スコット・サマーズ

目からオプティックブラストと呼ばれる破壊光線を放つが、自分では制御できないため普段からルビークォーツ制のバイザーをかけている。責任感が強い反面、融通がきかない性格。X-MENの創設時の5人のメンバーの1人でリーダーでもある。

本名ジーン・グレイ

X-MENの創設時の5人のメンバーの1人。マーヴルガール、本名そのままのジーン・グレイというコードネームを経てフェニックスと名乗るようになる。紆余曲折を経てサイクロプスと結婚

本名ウォーレン・ワージントン3世

X-MENの創設時の5人のメンバーの1人。美しい羽で空を飛ぶ能力を持っていたが、ある事件で翼を折られる重症を負う。チームを去った彼はアポカリプスに拉致され機械の翼を移植され肌も青色に変わってしまいデスと名乗っていたが、のちにX-MENに復帰しアークエンジェルと名乗る。

本名ヘンリー・P・マッコイ

X-MENの創設時の5人のメンバーの1人。その外見とは裏腹に遺伝学や生化学に精通しユーモアに溢れた知性派である。しかし自らの実験に失敗し青い体毛に被われた野獣のような姿になってしまった。

一時期アベンジャーズに参加していた。

本名ボビー・ドレイク

X-MENの創設時から参加している最年少メンバー。ときに寒いジョークも飛ばすムードメーカー。氷を操る能力も、当初は体表を覆う程度だったが、エマ・フロストとの接触をきっかけに自身の体を完璧な氷柱にできるまでに至る。

ウルヴァリン

Wolverrine

ガンビット

Gambit

ナイトクローラー

Nightcrawler

ローグ

Rogue

ストーム

Storm

本名ローガン

おそらくマーヴル最強の男。偽の記憶を持っており実年齢も不明。アダマンチウムの爪と骨格、超回復能力ヒ−リングファクターを持つ。マグニートーにアダマンチウムを奪われ人語も解さない野獣と化したこともある。婚約していた日本人女性はフグ毒で毒殺された。

本名レミー・ルボー

赤い目の元盗賊。爆発パワーをものに込めることが出来る。パワーを込めたカードを好んで使い、棒術の達人でもある。

本名カート・ワグナー

三本指に青い肌、とがった耳としっぽと、悪魔のような容姿をしているが、善人。短距離テレポーテーション能力を持つ。

ミスティークの息子。

本名不祥

肌が触れた相手の能力や記憶を自分のものに出来る。キスをした恋人が意識不明になり自分の力を恐れ家出し、ミスティ−クにテロリストとして育てられた。アベンジャーズミズ・マーヴルの怪力と飛行能力を吸収したのをきっかけに更正しX-MENに加入した。

本名オロロ・マンロー

天候を操る能力を持ち、風に乗って空を飛び、稲妻を呼び寄せる。ケニアとアメリカのハーフ。両親を失いケニヤの寒村で女神と崇められていたが、より多くの人たちのために力を使うためX-MENに加入。

コロッサス

Colossus

サイロック

Psylocke

ジュビリー

Jubilee

プロフェッサーX

Professorr X

本名ピョートル・ニコライビッチ・ラスプ−チン

旧ソ連生まれ。体を生体金属で覆い怪力を発揮する。両親や兄、溺愛する妹イリアナを失い、一度はマグニートーの軍門に下る。しかし再びX-MENに復帰。

本名ベッツィ・ブラドック

テレパシー能力を持つミュータントでX-MENの一員。元は英国人だが、エレクトラも所属していた忍者集団ハンドの女忍者と精神が入れ代わってしまい、以後東洋人の容姿になる。兄は英国のヒーロー、キャプテンブリテン。

本名ジュビレーション・リー

腕から花火のようなエネルギーを放つ能力を持ったミュータント。両親を失い、ストリートチルドレンとして暮らしていたときX-MENと出会いその一員となった。ウルヴァリンの相棒として活躍していた。

本名チャールズ・エグゼビア

史上最大のテレパス。人類とミュータントの共存を願いX-MENを設立する。親友だったマグニートーとは意見の違いから対立することになる。テレパシー能力の発現が脳の運動野の働きを阻害しており、移動には車椅子を用いる。

アイアンマン

Ironman

ソー

Thor

スカーレットウィッチ

Scarlet Witch

クイックシルバー

Quick Silver

ビジョン

Vision

本名トニー・スターク

天才発明家にして企業家のトニーが自ら開発したハイテクアーマーをまとった姿。スーツは常に改良されていてデザインも少しづつ変更されている。

アベンジャーズの一員。

北欧神オーディンの息子。魔法のハンマー”ムジョルニア”で稲妻を呼ぶ。自己鍛練のため現代世界へ送られ、普段は足の不自由な医師ドナルド・ブレイクとして生活を送る。

アベンジャーズの一員として活躍。

本名ワンダ・マキシモフ

魔術とサイキック能力を操り、当初は悪名高く活動していたが、X-MENと闘ううちに良心にめざめアベンジャーズの一員となる。マグニート−の娘でクイックシルバーの双子の姉

本名ピエトロ・マキシモフ

音速で走る能力を持つミュータント。マグニート−の息子だが、互いに親子であることを知らずにミュータントを差別する人類に対してテロ活動を行っていた。しかし、犯罪に嫌気がさした彼はアベンジャーズの一員となる。

人造人間。体の分子構造を組み換え物体をする抜けることもできる。人間以上に繊細な心の持ち主でもある。アベンジャーズの一員。

スパイダーマン

SpiderMan

キャプテンアメリカ

Captain America

ハルク

Hulk

デアデビル

Daredevil

エレクトラ

Elektra

本名ピーター・パーカー

放射線を浴びたクモに咬まれ、クモの能力を得た。自分のクローンと闘った事件後、自分がクローンだと思い込み5年間放浪していたことがある。

本名スティーブ・ロジャース

第二次大戦前夜、アメリカ軍の”オペレーション・リバース”計画で超人兵士として誕生。ナチや日本軍と闘った。超合金のシールドを駆使して闘う。

アベンジャーズのリーダー。

本名ロバート・ブルース・バナー

大量のガンマ線を浴びた影響で興奮すると緑の巨人に変身してしまう。後にハルクの意識を統合し、知性的な新生ハルクとして生まれ変わる。

アベンジャーズの一員

本名マット・マードック

事故で視力を失うが、その他の感覚は超人的に発達し、音の反響を3次元的にとらえるレーダーセンスを身につけた。本業は弁護士。

スパイダーマンとは公私ともに親友。

本名エレクトラ・ナッキオス

大富豪の娘だったが、父を殺されたショックで闇の忍者集団ハンドの手におち、暗殺者にしたてあげられた。非運の女戦士。

デアデビルとは学生時代恋愛関係にあった。

Mr.ファンタスティック

Mr. Fantastic

インビジブルガール(ウーマン)

Invisible Girl

ヒューマントーチ

Human Torch

シング

Thing

シー・ハルク

She-Hulk

本名リード・リチャーズ

ファンタスティック・フォーのリーダー。宇宙線を浴びた影響でからだがゴムのように伸びる能力を手に入れた。天才科学者。

本名スーザン・ストーム

ファンタスティック・フォーのメンバー。宇宙線を浴びた影響で身体を透明にする能力とバリアーを張る能力を手に入れた。ジョニーの姉。リードの恋人でのちに結婚。

本名ジョニー・ストーム

ファンタスティック・フォーのメンバー。宇宙線を浴びた影響で身体から炎を発する能力を手に入れた。空も飛べる。

スパイダーマンに車をプレゼントしたがすぐ壊された。

本名ベンジャミン・グリム

ファンタスティック・フォーのメンバー。宇宙線を浴びた影響で皮膚が岩のように固くなってしまった。メンバーのうち彼だけもとに戻れないのが悩み

本名ジェニファー・ウォルターズ

ハルクことブルース・バナーの従姉妹。彼からの輸血で変身した姿。本業は弁護士。

一時期ファンタスティック・フォーのメンバーとして活躍していた

パニッシャー

Punisher

シルバーサーファー

Silver Surfer

サブマリナー

Sub-Mariner

ゴーストライダー

Ghost Rider

ブレイド

Blade

本名フランク・キャッスル

元アメリカ海兵隊員。ギャングの抗争に巻き込まれ、妻と二人の息子を失う。ギャングへの復讐を誓い私刑執行人として生まれ変わる。特殊な能力があるわけではなく全くの常人だが、重火器を使いこなし白兵戦でも圧倒的な強さを誇る。他のヒーローと違い悪人を容赦なく殺す

本名ノリン・ラッド

サーフボードで銀河をかける大宇宙の守護者。故郷ゼン・ラ星がギャラクタスに襲われたとき自らが下僕となることを引き換えに故郷を救った。その後、地球で人間の勇気に触れた彼は主人に反旗を翻しついに自由を手に入れた。

本名ネイモア・マッケンジー

アトランティスに君臨する海の王。深海でも地上でも自由に行動でき、足首の羽で空も飛べる。アトランティスの政争に疲れた彼は王座を捨て地上でオラクル社を設立し、企業活動により海洋保護に立ち上がった。

本名ジョニー・ブレイズ/2代目ダニエル・ケッチ

サーカスのバイクスタントをしていたジョニーは悪魔メフィストと契約してしまったため夜毎"復讐の精霊"ゴーストライダーとなる。地獄の業火でできたバイクを駆り、力なき者の恨みを晴らす。後に生き別れの兄弟のダニエルがその宿命を受け継ぐ。

本名不祥

妊娠中にバンパイアに襲われた母親から産まれたハーフバンパイア。血清で吸血の欲望を封じ込め、バンパイアハンターとなった。

スーパーマン

Superman

キャプテンマーベル

Captain Marvel

ロボ

Lobo

ワンダーウーマン

Wonder Woman

マーシャン・マンハンター

Martian Manhunter

本名クラーク・ケント/カル・エル

惑星クリプトンの崩壊寸前にロケットで地球に送られた。普段はメトロポリスの新聞記者として働きながら、地球のために尽力している。

JLAの中心メンバー。

本名ビリー・バットソン

魔術師シャザムによって6柱の神々の力を授けられた”地上最強の男”。15歳の少年ビリーがシャザムの名を叫ぶとキャプテンマーベルに変身する。

JLAのメンバー。

全銀河を又にかけるならず者。酒場に入り浸っているが、金次第で傭兵の仕事をこなす。スーパーマンをもしのぐ怪力の持ち主。一滴の血液からでも復活できる驚異的な生命力を持つ。

本名ダイアナ

アマゾン族の女王ヒッポリタによって泥から作られ、親善大使として人類世界に送られた。「キングダムカム」の後日談ではスーパーマンとの子供を宿す。

JLAの中心メンバー。

本名ジョン・ジョンズ

火星文明の最後の生き残り。アーデル博士の実験で地球に転送され、地球を第2の故郷と定める。テレパシーや変身能力など様々な能力を持つが、火が弱点。

穏やかな性格の人格者JLAのメンバーの信頼も厚い。

バットマン

Batman

(三代目)ロビン

Robin

ナイトウィング

Night Wing

アズラエル

Azrael

本名ブルース・ウェイン

幼い頃、強盗に両親を殺されて以後、彼の人生は犯罪との闘いに費やされる。普通の人間だが、極限まで鍛えた身体と、探偵術によって犯罪都市ゴッサムの夜を支配する。

JLAの中心メンバー。

本名ティモシー(ティム)・ドレイク

初代ロビンの正体を独力で推理したティムが三代目ロビンとなる。先代のロビンに負けぬアクロバットと格闘術のため日々トレーニングする高校生。日本式棒術の他、手裏剣やパチンコを使う。

本名リチャード(ディック)・グレイソン

サーカスの空中ブランコ乗りであったが、両親を殺され、バットマンの相棒ロビンとして犯罪との闘いにおいてめざましい功績をあげている。バットマンの元から独立しナイトウィングと名乗る。

本名ジャン・ポール・ヴァレー

聖デュマ教団の暗示により暗殺者に仕立て上げられた。負傷したブルースに代わりバットマンを名乗っていたが、その重圧に屈し狂気に駆られ、復帰したバットマンに倒される。その後旅にでて自分の宿命を受け入れる。

グリーン・ランタン

Green Lantern

フラッシュ

Flash

ホークマン

Hawkman

アクアマン

Aquaman

JLAの中心メンバー。

説明はのちほど別コスチュームと

JLAの中心メンバー。

説明はのちほど別コスチュームと

本名ケイター・ホル

惑星ザナガーの警察官で逃亡犯を追って地球にやってきた。反重力の翼で空を飛び、鳥類と会話できる。地球の文明に興味を持っていて古代の武器を使う。

JLAのメンバー。

本名アーサー・カリー

海底王国アトランティスの王。地上人の父と海底人の母を持つハイブリッド。時速数百キロで泳ぎ、深海の水圧にも耐えられる。海の生物を自由にあやつることもできる。水から1時間以上離れると弱ってしまう

JLAの中心メンバー。

ヘルボーイ

Hellboy

スポーン

Spawn

ジャッジ・ドレッド

Judge Dredd

プレデター

Predetor

エイリアン

Alien

本名不詳

第二次大戦末期ナチスドイツによる魔人召還計画「ラグナロクプロジェクト」によって地獄から現世へと召還された。赤ん坊だった彼は米軍に保護され、やがて超常現象操作局の局員となり魑魅魍魎と闘っている。右手のグローブについては一切不明。(ダークホースコミック)

本名アル・シモンズ

CIA工作員だったアルは暗殺されたが妻と再会するために魔界で契約をかわしスポーンとして生まれ変わった。妻がかつての親友と再婚し、子供もいることを知り絶望する。マスクの下の素顔は醜く焼けただれている。(イメージコミック)

名ジャッジとうたわれたジャッジ・ファーゴのクローンで、生まれながらにしてジャッジとなることを義務付けられた男。己の全存在をメガシティ1の治安維持に捧げる。バットマンと意地を張り合う姿は面白い

(作品としては1977年イギリス生まれ)

宇宙を渡り歩き、狩猟を趣味とする宇宙人。ビーム兵器、自爆用の小型核爆弾など進んだ科学力も持つ。獲物の頭蓋骨をトロフィーとして収集している。相手の強さを認めると異種生物にも敬意を表すことがある。成人式の通過儀礼としてエイリアンと闘うという掟もある。(ダークホースコミック)

強酸性の体液と、宇宙空間でも生存できる外骨格からなる強靱な肉体を持つ。他の生物を殺害・補職することのみを目的に繁殖を続ける。

繁殖する環境、寄生対象によって特徴が異なる
(ダークホースコミック)

<<Dotメニューへ>>