<<Dotメニューへ>>


☆新企画☆

名付けて"ドット・ヴィネット"

"ヴィネット"とは本来、"挿し絵"とかって意味らしいけど、

最近では小さいジオラマを指すのに使われてるみたい。

"映画の名場面をドット絵で〜"って話があったのでこういうのもアリかなーと。

*こことか見てもらえると、やりたいことがわかってもらえるかな→レゴ・ヴィネット美術館

フィギュアとかの食玩でもヴィネットタイプが多いので参考になるかも。

題:Go! Spidey Go!

映画「スパイダーマン2」より。

時計塔でのスパイダーマンとドクターオクトパスの闘い。

 

題:最後のチャンスだ!すり抜けながらかっさらえぇー!

映画「天空の城ラピュタ」より。

このシーンよく見るとドーラがちゃんとパズーの

ベルトをつかんでるんですね(^-^)

 

題:黒の乗り手、せまる

映画「ロード・オブ・ザ・リング」より。

フロドが指輪をー。必死で止めるサム。

 

題:絶望の沼、危機一髪

映画「ネバー・エンディング・ストーリー」より。

このシーン(公式サイトの動画)

幼稚園のころ映画館で見てハラハラしたものです。

 

題:目指すは「神の心」

ドラえもん大長編「のびたの大魔境」より。

どうしてドラえもんが2人いるか、わかるかな?うしろ姿の犬はペコことクンタック王子。

のび太の見せ場でもある。ま、ひみつ道具の力だけど。

 

題:「ガンダルフ VS バルログ」

映画「ロード・オブ・ザ・リング」より。ヴィネット化二作目。

バルログはずーーっと前から、一度、ホンキでドット化したいと思っていたのです。

ふう。やっと実現できた。よかったよかった。

 

題:「そして伝説へ…」

ドラゴンクエスト3より。

パーティ構成は、ロト紋ちっくに。

 

題:「ゴールド・エクスペリエンス(黄金体験)」

「ジョジョの奇妙な冒険・第5部」より

康一くんは無事に帰れたんでしょうか。

 

題:「ストリートファイターIIターボ」

ちょっと趣向を変えて、西村キヌさんの描いたターボの

メインイラストをクォーターヴューにしてみました。

 

カプコン大好きッコでした。

懐かしいな〜。

 

題:「ジャバの館」

「スター・ウォーズ〜ジェダイの復讐〜」より

ルークあやうし。

ちょっと詰め込みすぎたか…。

TO風で作ってたのより更に小さいキャラで作りました。

もっと、野次馬エイリアンとか館の内装も作りたかったけど

とりあえずこういうカタチに収まりました。

 

題:「ジョジョの奇妙な冒険61」

「ジョジョの奇妙な冒険」61巻表紙より

いまにも倒れそうな危うい感じを出したかったんだけど、

手前のスタンドを省略しちゃったのでちょっと寂しい構図に…。

 

題:「ファイナルファンタジー6 ラストバトル」

ごちゃごちゃしすぎたかー。

ま、一度作ってみたかったモチーフでした。

 

 

題:「バットマン

バットマンです。「ダークナイト」は超傑作でした。

このバットマンは、コミック/画集の「BATMAN BLACK&WHITE」の中でも

とても好きなメビウス氏のイラストをモチーフにしております。

あえて土台もモノクロに。

 

 

 

題:「ヘルボーイ

ミニョーラ塗りなら、グラデーションを気にせずにサクサクドット絵が作れる!…と思ったけど、

なれない作風で、それなりに時間がかかってしまいました。

ちなみにヘルボーイは、マーブルコミックでもDCコミックでもなくダークホースコミック出版です。

でもバットマンと共演した日本語版コミックもありますよ。

どんな攻撃をくらっても、冷静にグチをこぼすヘルボーイは可愛い(笑

 

 

 

ヴィネット・コラボ(?)

ヴィネットを一から作るのは難しいひと向けに、素材を置いておきます

自分の好きなモンスターと戦わせてみてください。スライムくらいなら簡単でしょ?作ってくれた方はぜひBBSでご披露を♪

(レイヤー機能のあるソフトじゃないと、ちょっとめんどくさいけど)

 

 

他にも映画に限らず、アニメとか漫画とかゲームとか、ヴィネットにしたいアイデアは

い〜っぱいあるんでぼちぼち増やしていきます。

こういうのって、人それぞれに名場面があるわけで、

いろんな人の作品がみたいなーと思うわけです。

こういうの見て、面白いなーと思った人には是非参加してほしいです。

その場面とドットに愛があればどんな作品でも構いません(^-^)

自分のサイトに載せてリンクしてくれてもいいし、送ってくれればココに置かせてもらいたいと思います。

けっこう本気。何年でも待ちますとも。

ってわけで、おまけ置いときます。

2×2 / 3×3 / ベース

このコンテンツ用のバナー

<<Dotメニューへ>>